事務所紹介

事務所の特徴

 オフィス オハナ グループは、昭和26年に前身である石渡喜一税理士事務所が開業して以来、約70年にわたり地域の税務をサポートしてきました。特に相続・贈与に強く、税務に係る長い経歴を持つ職員が集結した事務所です。

 代表の吉野は税理士事務所開業前には税務署に勤務しており、申告を受任・否認する側と提出する側、双方の経験を持つことは、オフィスオハナならではの強みです。



所長紹介

  代表税理士  吉野 広之進  (よしの こうのしん)


昭和38年川崎市にて出生
父:税理士(大田区蒲田)
昭和57年4月東京国税局総務部総務課 採用
東京国税局管内
各税務署勤務(主に神奈川県)
主に資産課税部門にて相続税・贈与税・譲渡所得の税務調査担当
平成17年10月退官
(財務事務官 上席国税調査官)
特別国税調査官(資産税担当)
平成17年12月税理士登録(東京地方税理士会小田原支部)
行政書士登録
小田原市で吉野広之進税理士・行政書士事務所
株式会社office ohanaを開業
平成18年3月TKC入会
(TKC全国会:湘南支部)
平成25年8月税理士法人オフィスオハナ 設立
平成29年8月行政書士法人オフィスオハナ 設立

     

所長紹介

 

「家族」 大事な妻や子…
みなさまにとっても、もちろん私にとっても一番の宝物です。


関与先様と「家族」のような関係を築き、皆様の「ご家族」の将来へ向けてのお手伝いをさせていただければ…
そのような想いから、「オフィスオハナ」と名付けました。


ohana(オハナ)とは、ハワイ語で"家族"を意味します。




自分や事務所のために…ではなく
顧問先のために
顧問先のご家族のために
顧問先のお客様のために

自分の家族は、もちろんohana
officeのスタッフもohana
officeと顧問先もohana
ohanaの笑顔のために…

- offfice ohana の顧問先へ-

あなたの夢は何ですか?
夢は願って、夢に向かってがんばれば必ず叶うと思います。
願わなくても、がんばらなくても叶わないと思います。
あなたの夢は何ですか?
今度、教えてください。
一緒に願って、がんばって、叶えましょう。

       

      


     

執筆書籍等

土地評価に係る現地調査の重要ポイント

平成28年11月出版



 相続税の申告において、土地の評価はとても重要です。一般的な通達に載っているような単純な土地は実際には一つとしてなく、それぞれに複雑な事情や減価要素を抱えています。
 本著は、とある会計事務所で所長税理士と職員たちが、現地で遭遇する土地評価の問題点に奮闘しながら実務に携わり、現地調査の重要性を説くとともに、調査において見るべきポイントを詳しく解説しています。

 本著を教材とした同業向けの評価セミナーも多数依頼されています。どなたでも気軽に読み進められる、土地評価の実務の入門書です。






土地評価に係る現地調査の重要ポイント

実例で見る「相続」の勘どころ

平成29年12月出版



 とある会計事務所で日々巻き起こる、相続に関する問題や疑問を、前著に引き続き親しみやすい会話形式で解説していきます。相続が起きる前にしておくべきこと(=生前対策)や、起きてしまった後に取るべき行動など、相続に関する総合的な内容を扱っています。

 会計事務所等の職員様には研修用教材として、一般の方には相続手続きの入門書として読んでいただける内容となっております。相続に関して不安や悩みを抱える皆様にはぜひご一読いただきたい書籍です。


実例で見る「相続」の勘どころ




オフィス オハナ グループの各オフィスまたは、全国の書店、ネットショップ(amazon・税務研究会・政府刊行物)にてお買い求めください。