もっと知りたい税金の話
スタッフブログ
初回ご相談無料

facebook

書籍のご案内 ☆AMZONカテゴリ別ベストセラー1位獲得☆

税理士法人・行政書士法人officeohanaグループの窓口

行政書士法人

相続・遺言 横浜の窓口   

神奈川県横浜市神奈川区鶴屋町3-35-10 リーブ横浜西口ビル6F 

TEL:045-311-7785  

中央林間オフィス

相続・遺言 中央林間の窓口

神奈川県大和市中央林間3-12-14 アロハビル4F

平塚オフィス

相続・遺言 平塚の窓口

神奈川県平塚市代官町1-5 YKビル3F   

国府津オフィス 本店

本店の窓口 ケアロハ

神奈川県小田原市国府津2329-5

小田原オフィス 石渡事務所

神奈川県小田原市本町4-8-9

おもてなし規格認証

農地等をお持ちの方

農家ならではの特例「農地等の納税猶予」について

農地等の納税猶予といって、農業経営を引き続き行う相続人にとって非常に大きく節税ができる特例があります。


この特例を使用するためには、相続税の申告期限の10か月という限られた期間の中で、行わなければいけないことがたくさんあります。特に農業委員会関係の手続きについては、時期を逸してしまうと手遅れになりかねません。


また、特例を受けたことにより、当初の相続税額は抑えられますが、申告した時とは事情が変わってしまったなど、納税猶予を解除したい場合に制限が掛かってしまっていることで思うように手続きを進められない等デメリットもあります。

 

税理士法人オフィスオハナでは、「農地等の納税猶予」を使って申告をおこなっている実績が多数ございます。まずは「農地等の納税猶予」についてご説明をさせていただき、メリット・デメリットご理解いただいた上で、お客様が納得出来る申告が出来るようお手伝いをさせていただきます。


農地雑種地などの複雑な土地の評価について

農地や雑種地は都市部の宅地に比べ相続税評価が難しいと言われています。

縄伸び・縄縮みがあったり、造成費の見積であったり、また広大地の適用の判定など、検討すべき論点が数多くあります。


経験が少ない税理士にとっては、倍率地域の土地は評価が簡単!という認識が一般的なようです。

現地の確認も行なわずに評価を行い、評価減のポイントを見逃してしまうどころか、誤った評価をして、過剰に相続税を納めなければならなくなってしまういような、相続人な方からみたら信じられないような事例も多数あることが、残念ながら実情です。


税理士法人オフィスオハナでは、農家の方からのご依頼も多数お引き受けしております。

土地の評価について評価減ができるポイントは見落とさず、反対に追徴の原因になるような、本来行うべきではない無理な減額評価は行ないません。

また、土地に関する難しい評価方法のご説明も、納得いただくまでご説明させていただきますので、安心してご依頼いただけます。


賃貸経営や不動産に関するコンサルティングも可能です

特に都市農家の方は、賃貸アパートなどで不動産経営をされている方が多いと思います。しかし、建築したときはよかったけれど、年数が経つにつれ修繕費がかさみ、家賃保証が引き下げられ現状では赤字経営となってしまっている方も少なくありません。

このまま賃貸経営を続けていけばよいのか??そんなご相談も承ります。


税理士法人オフィスオハナの提携企業に不動産会社がございます。不動産会社と聞くと、強引な押売りを想像して不安に思われる方もいらっしゃると思いますが、当事務所を介していただくことで、不動産ありきのご提案ではなく、様々な選択肢の中から中立的なご提案をさせていただきます。


PAGE TOP

           

      


     

お問合せフォーム
お電話でのお問合せ